シナリオ実践塾クラム

塾長の夢
塾長は、こんな夢をみている、こんな人!


















クラムサイト内検索


塾長の夢は、ビルのオーナーになることです。





 1階が飲食店。
色々な料理を揃えた「食べ放題」の店。

 2階はパーティなどが開ける広々としたサロン。

 小人数でもゆったりと落ち着いて語り合える、
小部屋の談話室みたいなスペースも確保。

 そして、毎月1日に開催される「一の会」の会場は、
この1階と2階を使用する。





 最上階にはVIPルームがあって、
塾長は麻雀は不得手ですが、
お好きなゲストのためにそんな部屋もある。

 お風呂も欲しいですね。

夜景が楽しめるような露天形式。
もちろん男女別。

資料室には先輩たちから提供された
台本やDVD、ビデオテープ、
そしてモニターなどの機器。

制作に関わったゲストを招いた上映会が、
有志主催で定期的に開催される。





 そしてこのビルの要であるその中間の階には、
ワンルームの部屋が幾つもある。

 部屋にはベットと机とネット常接のPC、
館内電話やインターホンもある。

 外線は
各自携帯の時代だからいらないでしょう?





 でもFAXのやり取りがあるから、
やはり受付を用意して、
空部屋管理や連絡係りになってもらう。

事情で子育てが
執筆の枷になっている方に
暮していただくのが良いかも。

 用意した管理人室には
隣接した育児部屋がある。

同様の事情を抱える方が、
一緒に預けて安全な子守部屋になるのがいいな。





 そんなビルを用意して、
才能と熱意のある遠方の方々を鞄1つで呼び付ける。

 各自与えられた部屋で執筆しながら、
食事は1階の飲食店でそれこそ「食べ放題」。

 仕事を提供しながら、
基本的に家賃、光熱費、通信費、食事代などは
収入を得てからの天引き。

運営は自治。

古参はいるが
公序良俗以外の拘束はしない。

巣立ちは自由。





 1階の飲食店では、
そんな出会いと別れの会。

受賞やデビューのお祝いの会が
ひっきりなしに催され、
通常の営業が出来ないと店長が嘆く。





2階談話室では
プロデューサーや監督、俳優たちとの打ち合わせ。

隅では行き詰まって
溜息をつくだけの後輩を、
先輩たちが叱り付けながら励ましている。





露天風呂はその日貸し切りで、
書き終えた充実感を一人味わう奴がいる。

資料室ではこっそり持ち込んだ
無修正ビデオを見ていた野郎が
女性陣に見つかり顰蹙を買い袋叩き。

VIPルームからは、
麻雀のメンツが足りないと、館内放送で募集がかかる。


 誰も応じない。

個別に呼び付けると
明日の朝が締切だと泣きが入る。

知ったことかと相手をさせて明け方解放する。
 「締切は守れよ」
と脅しをかけながら……。





 新たな才能との出会い。
夢を諦めずに続けられる環境創り。

 塾長の夢は、そんなビルのオーナーになることです。






(2001.09.21)





塾長

1985年(昭和60年)
「太陽にほえろ!」 
副題「恐ろしい」
脚本家デビュー

刑事ドラマ、時代劇
サスペンスなどTVドラマ
舞台、Web
モバイルドラマなど作品多数

各局シナリオ懸賞公募
審査員歴任
応募作品
年間200本以上拝読

専門学校指導加え
これまでに拝見した
新人脚本数は
5000本を超えている。

塾長詳細こちら