シナリオ実践塾クラム

シナリオ基礎知識
素材
段取りを語るより、人生を語りませんか?




発想法(テーマ/素材)

事件

モチーフを新聞やニュースなどから得る。但し再現ドラマに陥りやすい。

見聞

世相の動き、ニュアンスを敏感に感じ取って先取りする。

体験

自分の経験を語る。但し自己満足、独り善がりに陥りがち。客観性が必要。

理想

自分の夢や願望から考える。現実感を忘れず、それを装うことが大事。

仮想

if。或る状況のイメージから膨らませる。思い付き、アイデアを優先する方法。

観念

抽象的な命題から得る。例えば生死、愛、友情など。

舞台
時代 何時にするのか。
場所 何処にするのか。

用語
5W1H
 Who(誰が) When(いつ) Where(何処で) What(何を) Why(何故) How(如何に)
※ ストーリー(物語)の構築で必要最低限の条件です。

キャッチ(catch)
 観客の心を如何にひきつけるか、捉えるか。

フック(hook)
 観客の心に如何に、何を引っ掛けるか。

奇を衒う
 (てらう)風変わりなことをして、人の関心を引くこと。
※そのような作品に対して否定的な意味で使われます。

トレンディ(trendy)
 流行の。最新の。
※仕事やファッション性、男女の恋愛などを重視する作品が多くなっています。けれどギリシャ悲劇の昔から、人間関係は不変です。ドラマはやはり親子と男女の関係、それを切り取り描くことで成り立つでしょう。

F1層
 20歳〜34歳の女性。
※通常、テレビドラマは、この層をターゲットとした作りで考えられてきました。家族みんなで観られるものかどうかという制約もありました。しかしそれはもう古いという考え方があります。その背景には、深夜族やお茶の間の崩壊、社会情勢や世相の変化があります。F1層のみならず、F2層、F3層にもアピールするドラマ、そしてM2層もターゲットとしたドラマが求められています。
 チャイルド(C層/〜12歳/男女とも)
 ティーン(T層/13歳〜19歳/男女とも)
 F2層(女性35歳〜49歳) F3層(女性50歳以上) 
 M1層(男性20歳〜34歳) M2層(男性35歳〜49歳) M3層(男性50歳以上)

対立関係
 ドラマは対立と葛藤から生まれる。
※ドラマ創作の基本です。

美しさ おもしろさ 珍しさ
 『花伝書』 観阿弥。美しさは人を感動せしむる要素が必要ということ。面白さは、どんなに感動的な物語でも、面白く観られるモノでなければならないということ。そして珍しさとは他人が思いつかないようなネタを選べということ。


塾長意見・アドバイス
切り口
 ドラマはフィクションです。素材は素材です。ご自分の剃刀を如何にあてるか、どう切り込むか、切り口を見せるのか、それらが勝負所です。また「切り口」は観客や視聴者の、その作品の捉え方によって異なるし、それで良いと思います。恐らくこの考えは、シナリオを学んだ方は反論されるでしょうし、諸先輩方からも「後輩を誤まらせるな」とお叱りを受けるかも知れません。くだらない議論の種を蒔くのは控えますが、塾長が言わんとしていることは、指導者立場での指導弊害の代表が「切り口」という物言いだと思うのです。確かに「切り口」には「切り方の腕前」という意もありますが、創作の入口にいる方々には視点の混乱を招く表現かと思います。送り手の立場に共に立ち「剃刀をあてる」と表現すべきと考えます。 駄目だし
(2001.12.03)

落とし穴
 シナリオ創作には様々な「落とし穴」があります。例えば素材からの発案を誤まってしまい、積み上げた物語・努力が全くの無駄になることもあります。


Q&A
体験重視
 ドラマなのに、リアリティを追求しなければいけないのですか? リアリティを追求すれば、罪人しか犯罪が書けないということですか?
 貴方は、ドラマが求めるリアリティを根本的に取り違えていらっしゃいます。求められるリアリティとは「らしさ」です。ドラマには、様々な人物たちが「らしく」登場しています。脚本家は取材を重ね、緻密な計算で「らしさ」を追求しています。人間を見る眼差しも厳しく暖かく、そして広く深いものです。
(2003.08.13)



その他塾長意見・アドバイスなどは
塾生支援「基礎講座」の中に移転しました。
(2004.02.22)

移転キーワードは以下です。
基礎知識「構成」でご紹介している移転キーワードもご参照ください。

基礎講座第3回「素材と着眼」
素材 着眼 観察眼 単語表現 眼力
解釈 素材内外 解説不要 家族と恋愛
漠然 過多 曖昧 客観視点 主観と客観
愛悪 感情 概念 方向性 普遍
ナウシカ 流用 必要条件

基礎講座第4回「対立と葛藤」
対立 内外 欲求 善悪
ナウシカ2 連想 磨く 素材大小 直線状

基礎講座第7回「状況設定」
シナリオ

基礎講座第10回「小道具」
小道具表現 シャレード シャドー イマジネーション ショートショート
大道具と小道具(Q&A)




シナリオFAQ 「素材」